logo_yoko_new.png

正しい測定のコツ

~自分に合った測定方法を見つけましょう~

​ポイント1

​測定中の画面について

​測定画面イメージ

img_01.png

①円形ゲージ

指がカメラに当たっているかを判定してします。

赤色になる場合は指がずれている可能性があります。

​※赤色の部分が多い場合は、再測定を行ってください。

②波形モニター

測定中の波形を確認できます。

波形モニターを確認しながら、ご自身の指で、最も波形が綺麗に出る位置、角度、強さをみつけてください。

hakei_01.png
hakei_02.png

​ポイント2

​測定のコツ3要素について

指の当て方イメージ

レイヤー 1.png
step1.png

指の位置が重要

指先から5ミリ程度の“先端”付近。

step2.png

指の角度が重要

基本は真正面。稀に斜めあたり

step3.png

当てる強さが重要

触れる程度で、カメラレンズに指をあてる。

​ポイント3

​測定時の状態について

座った状態で自然な呼吸を意識し測定します。

※立位ですと上手に測定できない可能性があります。

※深呼吸をしてしまいますと、脈拍がぶれてしまう可能性があります。

​おすすめの測定方法

​​【その1】

img_02.png

テーブルの上に手を置き、固定した状態で

測定いただくと安定する傾向があります。

​​【その2】

img_03.png

スマートフォンを持っている手とは反対の手の指を使い、測定いただくと安定する傾向があります。