logo_yoko_new.png

正しい測定のコツ

01.

カメラに指をあてて測定をしましょう

sokutei_img_01.png

カメラに指をあてる際は、LEDライトを覆わないようにします。

【使用するカメラの確認方法について】

カメラが2つ以上ある場合は、望遠カメラでなく、通常カメラの方へ指をあてます。

通常カメラの位置がわからない場合は、測定準備画面にてそれぞれのカメラに指をあてて「赤色になる」カメラを探してみましょう。

sokutei_img_02.png

​測定準備画面イメージ

02.

測定時のポイント

sokutei_img_05.png

安静時に座った状態で、いつも通りの呼吸で測定しましょう。

※深呼吸をすると脈拍が乱れるため注意しましょう。

sokutei_img_08.png

​座る・自然な呼吸

sokutei_img_07.png

立つ・深呼吸

sokutei_img_06.png

測定の3つのコツ(指の位置、角度、強さ)を確認しましょう。

sokutei_img_09.png
step1.png

指の位置が重要

指先から5ミリ程度の“先端”付近。

sokutei_img_10.png
step2.png

指の角度が重要

基本は真正面。稀に斜めあたり

sokutei_img_11.png
step3.png

当てる強さが重要

触れる程度で、カメラレンズに指をあてる。

03.

ポイントをおさえて良い波形になるように目指しましょう

測定中の画面ではリアルタイムで脈拍の波形が確認できます。

sokutei_img_12.png

良い波形のお手本

sokutei_img_13.png

・山の頂点がはっきりわかる波

・一定間隔で波打っている

測定画面イメージ

04.

測定が上手くいかない方へ

安定していない波形の例

脈拍の波形が安定しない場合は、適切な指の位置及び測定方法で測定できていない可能性があります。

sokutei_img_15.png
sokutei_img_14.png

測定中の脈拍の波形がギザギザしている

​おすすめの測定方法

​​【その1】

img_02.png

テーブルの上に手を置き、固定した状態で測定いただくと安定する傾向があります。

​​【その2】

img_03.png

スマートフォンを持っている手とは反対の手の指を使い、測定いただくと安定する傾向があります。

①指の位置と角度の調整

sokutei_img_16.png

・指の位置:先端付近

・指の角度:真正面

sokutei_img_17.png

・指の位置:先端付近

・指の角度:斜め

sokutei_img_17.png

指の腹の部分をあてている

②別の指、反対の手で試してみる

③強くカメラをおさえないよう注意する